冬の気候がウォーキングの継続を難しくする
呼吸困難(息切れ) - パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集 

コロナ禍で新たに始めた運動としては、「体操」(23.2%)、「ダンス」(21.9%)、「筋トレ」(21.3%)、「ヨガ」(16.2%)、「ウォーキング」(14.9%)が多く挙げられた

家でもできる運動や、運動が苦手な人でも取り入れやすいものが人気が高いことが示された

なかでも、「ウォーキング」は、コロナ禍前から現在も続けているという人も多く、
日常の延長線上で継続しやすいことや、始めやすいことが評価され、
多くの人が取り組んでいることが窺える

ウォーキングを行っている人に継続する上での悩みを聞いたところ、
ウォーキングを行っている人の39.2%が「脚やひざまわりの筋肉痛」の悩みをもっていることも分かった

さらに、ウォーキングの悩みとして、「寒くなると服装が難しい」(36.2%)、
「寒くなると風邪やケガが心配」(28.8%)、「寒くて持続できない」(28.6%)が上位に挙げられた

これから来る冬の気候が継続するのを難しくする要因になっている可能性がある